スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ワンニャン昔話

ワンニャン昔話


ねぇ、ママ。

お外で雷がごろごろ鳴って怖くて眠れないの。



そうなの?エルちゃん・・。そんな時は昔話をしてあげるね。



          *+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・*+:。。.。。:+*・ ゚ ゜゚ ・ ・ 


ある日、クッキーさんが楽しくお散歩へ行きました。     

いつもエルちゃんはお留守番でつまりません。



ママと楽しそうにお出かけするお姉さんをちょっとだけ憎たらしく思ってしまいました。

すると・・・


急に辺りが真っ暗に・・・。

クッキーさんは足を踏み外して川に落ちてしまいました。


ごぅーーーー。激しい濁流にクッキーさんは見当たりません。


異変に気づいたエルちゃんは、意地悪な気持ちでお姉ちゃんをねたんだことを後悔しました。
大好きなお姉ちゃんに会えいなくなるのは嫌だよう。


エルちゃんは、必死にお祈りをしました。


「神様どうか、お姉ちゃんを助けてください。」


その時・・一筋のまぶしい光が差し込んで


神々しい神様が現れたのでした。


「あなたが落としたのは、金の犬ですか?銀の犬ですか?」









「違います。黒い犬です!」














「コレかね?」      






「違います。ふわふわの長い毛に覆われて・・耳は三角で・・お目目は、まん丸でもっと小さいです。」











「では・・・これじゃな?」
 



「・・・・・・・猫じゃん。( ̄  ̄メ)」




「ごめん、ごめん。このこじゃろ?ポメラニアンじゃな?」



「はい・・あれ?お姉ちゃんがヤンキーになってます。オキシドールでもかぶりましたか?」


その時です。

懐かしいおねえちゃんの声がしました・・。

「ここだよ!エルちゃん。川から助けてくれてありがと。」当然びしょびしょです。


神様が言いました。
「これからも仲良くするのじゃよ。」


 「神様、お姉ちゃんはこんなペッタリじゃありません。こんなのじゃないです」 




えっ?!!Σ( ̄□ ̄;)





それから・・ん?


しぃぃぃぃ~。

どうやらエルちゃんがネンネしたようです。

さあ、電気を消しましょうね。お休みなさい。いい夢見てね。


たとえば・・焼肉の夢とかw       

訪問ありがとうございます。下のバナーをクリックして応援頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MANU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。