スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ひたすら待った。ハチ公のように・・

ひたすら待った。ハチ公のように・・

決死のプレゼンテーションも不発で終わり、我が家では猫の「ね」の字も禁句っぽい気まずい雰囲気になった。いつもは会話の多い我が家だが、静かになった。パパの様子をアイコンタクトで息子と探る。う~ん・・今日も難しい顔で考え事をしている。クッキーにだけ明るく話しかける。 あ~胃が痛い。なんで、こんなに大事になってまったんだぁܤ その頃の楽しみは猫ブログを読んだり、ネットでペット情報を見たり本を読んだり・・パパ不在の時に王子こと、中三の息子とシャルトリュー談義に華をを咲かせることだった。内緒、内緒の楽しみだった。本来、より楽しく幸せに暮らすために、愛すべき哺乳類さんを家族に迎えるはず。これでは本末転倒、家庭不和だ。でも、ちょっぴり皆さんの楽しい暮らしを眺めて夢みるくらいいいよね・・そんな、謙虚な気持ちだった。家族平和が一番。ちょっと、飼っていいなんて言うから夢見ちゃっただけ。 すっかり弱っていた。でも、日本男児、家のことは一切しないが家族が喜ぶ事が好きなパパのサービス精神に少し期待していた。しかも、親方様気質の彼は弱いものには滅法弱い。一縷の望みを持ちこっそり毎日が過ぎ、一ヶ月位たった頃また例の居酒屋に行く。 飲んで食べて、すべての始まりはここでのお前の一言じゃ~ん! と、思うが言わない。ӡ てか、言えないし。なんて、こそこそ思っているとパパ自ら、
 

「この席ってさ・・シャルトリューの話した席だよな。」
 また、キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


どういうつもりか・・考えても真意がわからない。とりあえず、そうだね。っと王子と力なく微笑み返す。その後、猫バトルに発展したことを肴にワイワイと明るく飲んで、家に帰る。家で飲みなおしつつ、夜、23時すぎ・・先に寝ると階段を上がりつつ、 「明日、ブリーダーに電話してみろ。都合が良ければ見に行こう。」 えーん。親方さま~・・ははぁOTZ 心の中で深く頭を垂れる。でも、二度目だぞ。朝の心変わりが怖かったがドキドキしすぎて、アドレナリン全開。まるで、息子を産んだ夜の様に興奮して本気で2時間位しか眠れなかった。。。 朝が待ち遠しかった。
 


                                                    にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MANU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。