スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

蒸し暑い夜に・・少しだけ怖い話  2

蒸し暑い夜に・・少しだけ怖い話  2

連休2日目。

一昨日は、熱中症気味でだるさと頭痛でスッキリしない日だったが、
エアコンのクリーニングが無事終了したので、快適生活へ。

除湿したり、28度にしたり温度計をみて節電を意識しながらも熱中症には気をつけなくちゃ。

やはりひんやりは快適。

今朝は早朝に目が覚めて爽やかに活動を開始出来た。
夏の早朝はひんやりしてきて気持ちが良い。

 

暑い日は、温めのお湯に浸かるのも良い。

湯上りがすーっとひんやりする。

昔、王子が小さくてアパートに住んでいた頃、水不足で節水が叫ばれていた時、
それでも水遊びをしてひんやりしてもらおうと、小さなお風呂に少しだけぬるいお湯を入れて行水した。

湯上りは、すーっとして寒いくらい。
暑くなると、また入って遊び、あがるとすーっとして、なんとか暑い夏を乗り切った思い出がある。

水不足じゃない年は、ビニールプールを出して遊んだ。遊びすぎで唇が紫になったっけ。

小さい子は、すぐに体が温まったり冷えたりするんだとビックリしたもんだった。

昔ながらの行水、やはりひんやりには大変有効。
多分、ほかほかタオルで体を拭くだけでも、水分が蒸発する時に体の熱をうばう・・
揮発熱の効果でヒンヤリ出来ると思う。

なので、今日は王子のリクエストもありスーパー銭湯へ行った。

のんびりお湯に浸かって体のコリをほぐし、サウナでデトックス。

さてと、シャンプーして体をもう一度さっと洗ってあがろうかなっ。

シャンプー・トリートメントは持参したものを使う。髪が長いので備え付けのものだと、
髪がきしんで痛んでしまう。

でもボディーソープはおいてあるものでいいや。

なんだか、見慣れない雪の結晶マークのシリーズが置いてある

どれどれ・・水色のジェル状のボディーソープ。

すこすこすこ・・・手に取り足をこすこす・・お尻をこすこす・・・・

(@_@;)・・・・・

 

 

 

いったーい!ヽ(≧Д≦)ノ

 

・・・・・・・股間が痛い、股間がしみる!なになになになに!どうしたの、これ!なにこれ!

一人で焦った。そう、夏用のクール仕様のシャンプーシリーズだったのだ。

寒くなるから、雪の結晶マークが書いてあったわけ。

いででででで・・。ひんやりというより、焦ってぞっとした。ほんと、ビックリしたわ。

 

でも、何よりひんやりするのは、やっぱアレでしょう・・・・。

先週、職場で蛍の季節だね、って話になった。さすがに田舎といえども蛍はぐっと減ってしまった。
なかなかお会いできないのである。

なので、綺麗な水が適度に流れている蛍がいるポイントへ出かけていく。

子供の頃は、田んぼの側で沢山いたのに。父と兄と見た記憶がある。

その、ポイントというのが上流にダムがあるところなのだが、そのダムが有名な場所で霊感が強い人が行くと、
水の中から無数の手が出ているのが見えるので彼女の友人は二度と行きたくないと言っていたというのだ。

IMG_1096.jpg

 

「しーきょこさんの旦那さん、行かないほうがいいんんじゃない?やばいよ。」

 

そう、殿は霊感体質。中学3年の多感な時に覚醒してしまった。
その夜の話は、ひんやり程度ではないので、またお盆あたりに・・・。

私は、天狗を見たくらいで霊感とは無縁なのだが、霊感など信じていなくても
巻き込まれる時は巻き込まれると実感。



あれは、結婚したばかりで殿の実家に泊まったときだった。


殿の実家は城跡の北側に位置していて大きな高校が南側にある。

というのも、城から北側は昔、首切り場だったとのことで、霊感体質の父も小さい小人やら
落ち武者やら部屋を通り抜けていった事があるよって気軽に話していた。

なんだか、気が進まなかったが絶対泊まりたくないとも言えないので、
その晩は殿の学生時代に使っていたブラインドがある、窓際のセミダブルベットでぎゅうぎゅうになって寝た。

お酒も飲んでいたと思う。

真夜中だった、と思う。ふと、ぱっちり目が覚めた。

隣を見ると殿も目が開いていた。目が合った。なんで?って不思議ですぐに言葉は出ない。

 

ぴちん、ぴし。ぴちん・・・ぴし。

 

ブラインドを指ではじくような音がした。

「聞こえるよね?」

「うん。」

はっきりと二人とも目が覚めている。金縛りでもなんでもない。
あまりになるので、起き上がりブラインドを凝視したが、どこかが動いている気配もない。
電気をつけても音は止まらなかったが気が付くと止まっていた。

完全に体が動き意識がある状態での奇妙な現象は逆に気持ち悪かった。

まあそんな感じで殿は、霊感撒き散らしタイプ。
全く迷惑だが、こちらに引っ越してきてからはほとんどなく快適に過ごせている。

そうそう、職場でそのダムの話をした日、夜、殿にその話をしようと

「あのさ、○×ダ・・」

「やめろ!○×だろ?スッゲー鳥肌たった。あそこはヤバイ」

話始めたらすぐに反応して、凄い鳥肌が立っていた。

やはり、
「奥に行くとダムの方がやばい。若気のいたりで行ったけど気が狂いそうになるくらい意識が飛びそうになる」

と言っていた。

やはりヤバイところなんだって事が他人同士の霊感の強い人同士の話が
一致することによって証明された訳だった。

クーラーなんて要らないくらいにひんやりして、慌ててクッキーを抱っこした。

 

 

ひんやりしたかな。

 

では、今宵の最後に。

暑い夜、節電対策にと、二階だからと窓を開けている方がいるかもしれない。

「おとないさん」

ってご存知だろうか?窓やカーテンの隙間からちらりと覗くひんやりとした方々のことを言う。

ちょっとした隙間から見えてしまう訳だ。

IMG_0417.jpg

殿が当時東京にいたの親友のアパートで飲んでいた時のこと。男同士で窓など気にせず飲んでいた時、
親友の顔が曇ったそうな。

誰か人が通っていった!この野郎!

不審者だと思ったらしいが、暫くすると二人は凍りついた。

軍服のような帽子を被っていたからではない。そこは足場のない二階だったからだ。

今でも殿は、夜にカーテンが少しだけ開いているのを嫌い、閉めろ!と怒る。

見えちゃうかもしれないから・・・ね。

IMG_0863.jpg

涼しくなりましたか?

おやすみなさい。良い夢を・・・・

 


 

下のバナーをどちらか一つ押して応援いただけると嬉しいですm(__)m にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
関連記事
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MANU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。